写真歴未熟な主婦の自己満足
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は西側の「相川地区」でしたが、今日は写真を撮りながら東側の「両津」に移動したため、本日の夕陽は山に沈みます。
手前に棚田を入れて撮って見ました。

棚田夕陽1

棚田夕陽2

棚田夕陽3

棚田夕陽4

棚田夕陽5
スポンサーサイト
大同3年(808年)賢応法師が京都から布教のおり、京都の清水寺を模して建立したといわれる寺。
今は管理する方が居なくて荒れ果ててしまっています。

清水寺1

清水寺2

清水寺3

「清水の舞台」を彷彿とさせる
清水寺4
佐渡の先端に 「大野亀」と言う岩が海に突き出た場所があります。
ここに「カンゾウ」の花が咲いています。今年は例年より1週間ほど開花が遅く、まだ少し満開には早かったです。

カンゾウ1

奥に二つ見える岩は「二つ亀」と言います。
カンゾウ2

カンゾウ4
また佐渡の旅に戻ります。

「尖閣湾」 荒削りの断崖と岩礁からなる約2kmの海岸線です。
観光で佐渡に訪れる方々は、海中透視船で岩と岩の間をすりぬけるようにして、海中散歩が楽しめます。

写真を撮るには船に乗っては無理なので、上から岩を撮りました。
尖閣湾1
[尖閣湾]の続きを読む
昨夜辰野町 「松尾峡」 にホタルの写真を撮りに行ってきました。
初めて撮るホタルにワクワクしながら現場に到着。駐車場の警備の方が
「今日は風がなく、ホタルがかなり舞うと思うよ。」 と教えてくれました。
川の近くに行くと何匹も舞っています。うまく写真撮れなくてもこの光景を目にしただけでも感激でした。

バルブ撮影 177秒 F2,8 ISO800 で撮ってみました

ホタルの舞う時間があり8時~9時頃までです。風が吹くと途端に舞わなくなりました。
天候もよくかなり舞ってくれたので良かったです。

ホタル
岩の並びが面白かったので撮りました
岩4

この岩「ゴジラ」に見えませんか
岩2

岩3

この場所はかつて 「千畳敷」 って名前が付いていましたが、今では橋だけが残されています
岩1
翌朝、ホテルから遊歩道を散策しながら、海岸まで行って見ました。

散策1

散策2

散策3
「ホテル吾妻」の庭から夕陽を撮りました。
レンズは標準、15㎜~85㎜。多少望遠にもなりますのでこれ1本で撮りました。と言うか、レンズ変えるなんてこと忘れて撮っていました

相川夕陽1

今にも雲に隠れてしまいそうです
相川夕陽2

下のほうの雲が赤く焼け始めました
相川夕陽3

再び太陽が顔を出しました
相川夕陽4

雲の間から太陽が大きく見えます
相川夕陽5

杯のような形に見えます
相川夕陽6

もう少しで沈んでしまいます
相川夕陽7
今夜の宿泊は「相川温泉」です
小木港から海岸線を走って途中車を止めては色々のものを撮ってみました

海岸線1
[海岸線]の続きを読む
佐渡に着き、早速昼食にお寿司を頂、海岸線を走りました。
岩が目に入り 「人の顔みたい。写真撮ろう」

車を止め下りてみたらやはり看板がありました
人面岩1

人面岩3

写真撮っている時は夢中で、危険ギリギリのところまで行ってしまいます
人面岩2

人面岩4

岩の横の流木、イルカに見えませんか?
人面岩5
5月末で主人が40年勤務に一区切りつけ退職しました。
6月半ばより、第2のスタートで別の会社で勤務するようになります。

6月4日~7日まで退職記念旅行に佐渡・新潟へ行ってきました。少し前でしたら、海外とか国内でももう少し遠くと考えましたが、二人で写真撮るようになり、移動に時間をかけずに行ける場所がいいと思うようになりました。夫婦で同じ趣味はいいことです。

心配した天気も大丈夫で快晴の中5時に出発し、一路直江津港へと車を走らせました。

途中休憩した「妙高」PA
新緑と残雪が綺麗で撮ってしまいました。
小木港1
[小木港へ]の続きを読む
朝4時半に出発し、5時頃から鍋倉山に登り始めました。
今年は雪が多く、5月末なのに、まだ雪が1mもあります。持参したアイゼンをつけただひたすら案内のプロカメラマンの後を着いて行きました。

歩くこと1時間半位でブナ林へ。新緑がとても綺麗でした。

写真を撮った後、同じ道は怖くて降りれないと稜線まで登り山一つ越えて下りました。こちらのほうが安全だと言うことでしたが、4人ほど滑って転がってしまいました。
それでも怪我はなく皆無事に下山できました。5時間以上歩きました。

苦労して歩いたわりには、写真はいい物が撮れていません

鍋倉1

鍋倉2

鍋倉3

鍋倉4

鍋倉5

鍋倉6

鍋倉7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。