写真歴未熟な主婦の自己満足
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オオシラビソ」
栂池のロープーウェイの辺りに群生しています。
青森県八甲田山から南アルプスの加賀白山までの亜高山帯に生育する常緑針葉樹です。
毬果(松ぼっくり) は黒紫色から茶色になり、やがて落下します。
地面に落下したものが、また芽を出します。

栂池のオオシラビソは、4~5年に一度、このようになります。今年がその年だそうです。

オオシラビソ
スポンサーサイト
今年の紅葉は、例年より少し早そうだと言うので、26日(土) 朝4時20分に我が家を出発。
小谷村の「栂池自然園」 へ行きました。
昨年、10月13日に来ましたが、少々遅かったのと、ちょっとしたミスで、主人のデータが消えてしまったので、リベンジ。
自然園の中を5時間位撮りました。
今回は、紅葉大当たりでした。

栂池1
[今年一番早い紅葉]の続きを読む
20日の彼岸の入りに、カメラ屋さん企画の撮影会に参加しました。
大垣の 「津屋川」 に咲く彼岸花。
朝5時出発。現地7時半より撮影開始。この日は真夏のような暑さ。朝寒かったので厚着をしていったため、汗だらだら。しかしそれにもめげず、4時間撮っていました。

津屋川1
[暑さも忘れ]の続きを読む
今回の旅行の最後の見学場所 「案山子の里」
標高800メートルの天空の里では、かかしたちと一緒に日本の原風景の中でゆったりした時間を過ごすことができます。

案山子の里1

なんとも言えない、やさしい笑顔です
案山子の里2

案山子の里3

バス停も案山子だらけ。
左端はわかりますか? 「はなわ」 さんです。ここに来られた記念に作成したそうです
案山子の里4


平家一族が、平家の馬場に通うために架けたといわれる橋。男橋と女橋の2本があり、「夫婦橋」 とも呼ばれる。

奥かずら1
[奥祖谷二重かずら橋]の続きを読む
翌朝散歩しました。
祖谷街道の一番の難所といわれ、その昔は旅人が度胸試しをした場所です。
今は200メートルの断崖に、小便小僧の像が立っています。
奥祖谷1

「奥祖谷観光周遊モノレール」 に乗ってみました。
延長・・・4600メートル    高低差・・・590メートル
最大傾斜度・・・40度     最頂標高・・・1380メートル
所要時間・・・1時間5分
奥祖谷2

常に動いているので、周りの良い景色は撮れません。目に焼き付けてきました
奥祖谷3


本日の宿泊 「ホテル祖谷温泉」 から祖谷渓を撮りました。
ひらがなの 「ひ」 を思わせる形に川が流れています。残念ながら、ホテルからだと、片方の川しか映せませんでした。
祖谷3

このホテルは、断崖に建ててあります。
日本の三大秘境の景観を楽しみながらケーブルカーで170メートル降りてゆく
全国屈指の名湯。源泉かけ流し露天風呂
露天風呂までは、ケーブルカーで5分。温泉の温度は39度とぬるめ。
祖谷2

祖谷4


エメラルドグリーンに輝く水面と白い岩肌。
岩の上を歩くのに、危険なので、 「大歩危 (おおぼけ) 」  と名がついたようです。
この吉野川を、遊覧船で、約2キロを30分かけて往復します。
さあこれから、あの遊覧船の船着場まで下りて行きましょう

大歩危1
[大歩危峡]の続きを読む
11、12日で、舞鶴の友人と徳島県 「祖谷の里」 へ旅行に行ってきました。
剣山系の山々と険しい渓谷に守られ、いまだ手つかずの自然と、平家落人の伝承や独自の食文化が残る祖谷地方。
かずら橋で有名な西祖谷、そして 「奥祖谷」 とよばれる最奥の秘境を訪ねました。
電車での移動でしたので、カメラは 「U9000 OLYMPUS」 のコンデジ。実家の父親のを借りて行きました。 

昼食で寄った場所から 「祖谷渓谷」 を見下ろして
かずら橋1
[かずら橋]の続きを読む
万古渓谷より少し下流にくると、黒っぽい岩が幾つもある所があり、水の流れも面白そうでしたので撮ってみました。

岩1

岩2

8月最後の日曜日、夏の写真もそろそろ終わりになりそうなので、もう一回渓谷に行きました。
泰阜村の 「万古渓谷」 主人はとっても若い頃に行った記憶があるとのこと。私は初めて。泰阜村すらも初めてでした。
天気が良かったので、目的地まで行きましたが、途中の道路は落石があったり、雨で道がほれていたり、とても荒れていました。
それでも、目的地に2台車があり、一件は釣り人が3人。もう一件は飯ごうすいさんの親子でした。

万古渓谷1
[万古渓谷]の続きを読む
横川渓谷には、天然記念物の 「蛇石」 と言う、岩があります。蛇が横たわっているような岩です。
今回は、角度、大きさ等少しづつ変えて撮ってみました。

蛇石2

蛇石3

蛇石4

蛇石5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。