写真歴未熟な主婦の自己満足
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山桜を撮って、少し下った所に、滝がありました。ヤマブキが可愛らしく咲いていたのでパチリ。
風に揺られて、なかなかシャッタ-がおせません。

やまぶきと滝1

やまぶきと滝2

スポンサーサイト
今年は、山桜を撮りたかったので、まだ間に合いました。しかも新緑と一緒に。戸台口と仙流荘との中間くらいの所で山桜を見つけました。
とても感激です。

山桜1

山桜2

山桜3
桜が終わった途端に、季節が逆戻りしたような寒さになってしまいました。
26日、主人の仕事の関係で伊那に行く用事がありました。その後、長谷村に新緑を撮りに行って見ました。風は強いし、時々冷たい雨は降るし、とても寒い日でした。
でも、景色は素晴らしかった。
南アルプスス-パ-林道のバスの今季の運行が25日から始まったところでした。
我々は、戸台口まで行って撮影しました。一般車両はここまでしか行けれません。

戸台橋1
[新緑求めて]の続きを読む
桜は終わり、飯田では、花桃も終わりになりそうですが、月川や清内路では満開のようです。
23日に根羽村からの帰り、153号線のお蕎麦やさんに咲いていた花桃です。
時間がなく、手持ちで撮ったため、少々ピントが甘いです。

花桃1
[桜からバトンタッチ]の続きを読む
今年最後の桜。上伊那で一番遅い千人塚でさえ、18日に行ったら、落下盛んでした。

千人塚1

千人塚2

千人塚3

桜の季節になると、毎年訪れている、伊那の三峰川の土手。
何回行っても、これはと満足に撮れたことが無いので、また来年こそはと思う。今年も3月15日に、長谷村に行った帰りに寄ってみた。中央アルプスが綺麗に見えたので、桜が咲いたらこう撮ろうと思い1枚撮ってみた。

三峰川1

昨日行ってみたら、「う~ん。花がないじゃん。あ~今年も逃した」
一週間遅かったです。
それに、同じ木を撮ったと思ったのに、咲く前に撮ったときより、前の木でした。
人間の記憶とは曖昧なものですね。

三峰川2


来年こそ、満足いくものを撮りたいです。
桜が終わると、入れ替わりで、桃、梨等一斉に咲き始めました。

梨畑1

梨畑2

梨畑3
今年の桜は、早くに咲き始めましたが、間が寒かったのと、雨が降らなかったので、長持ちしました。
しかし、今日の雨で、飯田、下伊那の桜は、ほぼ終わりでしょうね。
6日に行った、高森の松源寺がアップしてなかったので、紹介します。

松源寺1

松減寺2

松源寺3


望岳荘の帰りに寄りました。満開でした。今日の天気は、何処でとっても、くっきりと中央アルプスが見えるので、ついついすべてに入れて撮ってしまいます。

大草城址1
[大草城址公園]の続きを読む
本日は、降水確率0%だと、昨日の天気予報で言っていたので、昨夜から、何処に出かけようかと考えてました。
中川村の 「望岳荘」 に行って見ました。ここは、何回か来てますが、こんなに南駒ケ岳がくっきり見えたのは初めてです。
今日は最高だと言ってカメラをセットする人10人以上いました。

望岳荘1

望岳荘2

望岳荘3


3日、下條へ行くのに、立石の峠の桜を見てからと行って見ました。目的の桜はまだ少々早かったです。その桜の手前に、大きな桜を見つけ、土手を登ってみたら、南駒ケ岳が見えます。これは良いと早速撮って見ました。

立石1

立石2

立石3


昨年も撮り、アップした桜です。座光寺の上野地区にあります。車ですと、工業高校から、2分ばかり登った辺で、左側の田んぼの中に見えます。
今年は、桜の色が綺麗に出せたと思います。

上野の桜1
[椿が囲む]の続きを読む
天気予報は晴れ。それを信じて朝7時少し前に到着。
待っても、太陽の光は当たってくれませんでした。この時がほんの一瞬あたった時です。

増泉寺1
[増泉寺]の続きを読む
麻績の里の舞台桜。連日テレビで放映されています。子供たちの 「桜守」 が黄色のジャンパ-を着て案内してくれます。
元善光寺の 「御開帳」 と合わせてとても人気です。
日中だと人だらけなので、朝6時に行きました。もうカメラマンが何人もスタンバッテました。

舞台桜1
[舞台桜]の続きを読む
3月29日、飯田市内の咲いている桜を求めて出かけて見ました。昨日より穏やかな天気でした。
「阿弥陀寺」 まだ3分咲き位でしたので、一番咲いている枝を撮ってみました。

阿弥陀寺1

阿弥陀寺2


「正永寺」 こちらは満開でした。今はライトアップしています。
正永寺1

正永寺2



愛宕神社の境内に咲く、樹齢750年の 「清秀桜」 
満開でした。この桜は色がとても濃いピンクです。

愛宕1
[愛宕神社]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。